SATA-USB変換ケーブルがあればHDDスタンド、外付けケースは不要説

PC関連

こんにちは。38の人(@38fishing)です。

先日、HDDスタンドを紹介しましたが、

  • 費用対効果が微妙
  • スペースを取る

と、使い勝手がイマイチでした。

そこで、今回はHDDスタンドの代替として「SATA-USB変換ケーブル」を購入してみました。

この記事では、SATA-USB変換ケーブルの概要と種類、そして使ってみた感想を紹介したいと思います。

SATA-USB変換ケーブルの概要

SATA-USB変換ケーブルは、読んで字のごとく、SATA接続の機器をUSB接続できるようにするためのケーブルです。

これを使えばSATA接続のSSDやHDD、DVDドライブなどをUSBで接続できるようになります。

用途としては、旧PCからのデータ移行や万が一に備えたバックアップがメイン。

そこまで利用頻度は高くありませんが、あると何かと便利なケーブルです。

SATA-USB変換ケーブルの選び方

一言にSATA-USB変換ケーブルと言っても色々なタイプがありますので、用途に合ったケーブルを選択しましょう。

USB3.0対応は必須

数は少ないですが、中にはUSB2.0のケーブルも存在します。

USB2.0は最大480Mbps、USB3.0は最大5Gbpsと通信速度に雲泥の差が有るので、必ずUSB3.0以上に対応したケーブルを選択しましょう。

2.5インチだけならUSBバスパワー、3.5インチドライブも接続するならアダプター付属タイプを

SATA-USB変換ケーブルにはUSBバスパワータイプとアダプター付属タイプがあります。

USBバスパワータイプは

  • 安価
  • コンパクト
  • 給電力が無いので3.5インチHDDは接続不可

アダプター付属タイプは

  • 3.5インチHDDも接続できる
  • バスパワータイプより少し価格が高い
  • 電源アダプターが邪魔(※取り外しは大体可能)

といった特徴があります。

どちらを取るかは用途次第ですが、アダプター付属タイプの方が汎用性は高いです。

SATA-USB変換ケーブルのレビュー

このアイテム、使い勝手は良かったのですが、色々と難がありました。

速度面はいたって良好

今回はACアダプター付属タイプで速度検証を行いました。(後述しますが、バスパワータイプはまともに動作しなかったため)

結果のほうは良好。

SSDは「PLEXTOR PX-128M3」、HDDは「WD Green WD30EZRX」で検証しましたが、共に仕様と同じ速度が出ました。

SSD「PLEXTOR PX-128M3」の結果

HDD「WD Green WD30EZRX」の結果

バスパワータイプの接続が不安定だった

バスパワータイプのケーブルについては、使用しているUSBハブの給電が足りないせいか、不良品なのか分かりませんが、接続が非常に不安定でまともに使えませんでした。

速度のベンチマークを取ってる最中にパソコンがフリーズした時は、流石に焦りました(汗)

ただ、2本あるうちのバスパワータイプの方だけ不安定だったので、不良品を掴んだ可能性が高いです。ACアダプタ付属の方はバスパワーだけで問題なく動いたし・・・。

気になってSATA-USB変換ケーブルのAmazonレビューを覗いてみたところ、動作が不安定という報告が結構あったので、商品選びは慎重に行う必要がありそうです。

怪しい中華製には注意!!

残念なことに、今回購入したACアダプター付属タイプには必須であるはずの「PSE認証」マークがありませんでした。日本で売っちゃダメなヤツです。

下の商品がソレ。

流石Amazonの中華品、法律をガン無視です(苦笑)

色々と怖すぎるので、手元にあるPSE認証のアダプターを代わりに使いましたよ。ええ。

ケーブルの動作は問題ありませんでしたが、安パイを狙うならサンワサプライなどのちゃんとしたメーカーの商品を買った方が良いかもしれません。

SATA-USB変換ケーブルのまとめ

SATA-USB変換ケーブルを検証してまず思ったのは、

『当たり外れが大きい』

でした。

商品の使い勝手は良いのですが、品質面が残念で

  • バスパワーは動作不良
  • アダプタータイプはPSE認証なし

と、購入したケーブル両方とも難ありというのは中々に強烈でした(笑)

とはいえ、SATA-USB変換ケーブルは

  • HDDスタンドの代用として使える
  • HDDスタンドより安価
  • 外付け用ケースも不要になる
  • 省スペース

とメリットが多いのも事実。

ケーブルガチャにさえ当たれば、余計なアイテムを買わなくて済むのはデカいです。

そこのあなた、ガチャに挑戦してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました