フローリングのワックス剥離作業で役立つアイテム4選

ライフハック

こんにちは。38の人(@38fishing)です。

先日、フローリングのワックス剥離剤について紹介しました。

フローリングのワックス剥がしならラグロン「高速リムーバー」がオススメ
こんにちは。38の人(@38fishing)です。 皆さん家のフローリングにワックス掛けてますか? マメな方なら、年に1度は掛けてると思います。 では、別の質問をしましょう。 ワックスを剥がすという作業はしたことありますか? ...

今回はその関連記事として、あると便利なアイテムを紹介します。

ワックス剥がし作業で役立つアイテム4選

ここでは実際作業して役立ったアイテム4つを紹介します。

役立つアイテムと書いてありますが、実質的には必須です。

スプレーボトル

ワックス剥離剤をまんべんなく塗布するのに使用します。

目盛りが付いていると希釈がしやすいのでなお良し。

カーボンスクレーパー(へら)

フローリングにこびりついたワックスを剥がす際に使用。

コレの有無で作業時間に大きな差が出ます。

他にもプラスチックや金属性のへらがありますが、プラスチックは強度不足、金属は床が傷つくので、カーボン製一択。あと、幅広なタイプ(90mm)が一度に剥がせるのでオススメです。

ちなみに、大体6畳くらいでへらが傷んでくるので、何枚か予備を買っておきましょう。

膝パッド

膝立ちで作業する時間が長いので、サポーターが無いと膝が超絶痛くなります。

僕は作業初日で膝パッドを買いに行きました(笑)

あるいは使わない座布団、クッション等でも代用できます。

大量の雑巾

作業時はワックス剥離剤がフローリングに残らないよう、3回くらい水拭きする必要があります。また、フローリングは水に弱いので水拭き後は乾拭きもしたい所。

となると必要になるのが大量の雑巾。

特に水拭きは雑巾の汚れが早いので、洗う頻度を減らすため最低でも5枚は欲しいです。少ない枚数で何度も水場と往復してると、正直アホらしくなってきます。

万全な準備をして効率的に

ワックスはがしは思い付きで作業すると結構痛い目見ます。

備えあれば患いなし

作業に必要な用具、十分な作業時間を確保し、万全な体制で臨みましょう。

面倒な場合は業者に依頼

自分でやるより費用は掛かりますが、プロの人たちが作業してくれるのでその分手間が省けます

ダスキン」「おそうじ本舗」や、「くらしのマーケット」に登録してある地元業者に依頼すれば間違いないと思います。

費用面については、

くらしのマーケット(※業者による)」>「おそうじ本舗」>「ダスキン

という感じです。

タイトルとURLをコピーしました